丸清永井水産

お問い合わせ
LINEでご相談

丸清永井水産

丸清永井水産の魚食育

魚を知ればもっと魚を好きになる

丸清永井水産は、「楽しく学べる」食育の指導にも力を入れています。食べ方のコツで、子ども達は魚を好きになってくれます。

丸清永井水産は昭和48年(1973年)の創業以来一貫して、「日本の魚食の素晴らしさを子供たちに伝える」を理念に営んでまいりました。

初代社長は創業以前の昭和30年代より、約20年間水産物販売会社で修行し、学校給食が始まった当初から携わってまいりました。

当社は創業前も加えれば約50年間、学校給食関係社の皆様と歩ませていただいております。

 

 

魚食は古くからある日本の文化、水産物の美味しさを「食育」を通じて伝えていきます。
守るべき伝統、取り入れるべき革新
洋食に、魚を取り入れて独自の日本の食文化を形成

温故知新という言葉をご存じのことと思います。我が国は海に囲まれており、昔から豊かな魚貝に恵まれ、魚の食べ方について多種多様な発展を遂げてきました。また、明治以降の近代化にともなって洋食が普及しても、獣肉が多かった洋食の中に、われわれ日本人はたくみに魚を取り入れて独自の食文化を形成しております。

私たちは「魚食の素晴らしさを、いつまでも大切にして欲しい」と考えております。そのために、守るべき伝統、伝えるべき知恵、そして革新していくべきことは何かということを、いつまでも追い求めたいと思います。

 

 

食べ方のコツで子供たちは魚を好きになる

スーバーなどで切身になった魚しか見慣れていない子ども達にとって、目の前で1尾の魚をさばくのを見ることは少しびっくりする体験のようです。しかし、たいへん興味津々に目を輝かせて見学し、質問も次々と出てきました。

その後、料理した魚を食べる際は、手を合わせて”大切な命を頂く”ことを自覚するようになりました。普段は魚が嫌いな子も、残さず食べておりました。
中骨を簡単にとるコツを学ぶことも、やはり食育では欠かせない要素です(骨をキレイに取り去った達成感を覚えると、魚料理への抵抗感がかなり改善されます)。

子どもだけではなく、先生・保護者の方々もたいへん熱心に参加していただきました。こうした活動も積極的にお手伝いしていきたいと思います。

このような食育指導をご希望でしたら、ぜひご連絡下さい。魚を好きになってくれる子ども達が増えることは、私たちの喜びです。

 

 

 

※食育指導を行った際の映像です(実施日:2012年9月18日)