食の安全性

食の安全:仕入れから加工まで、自社で一貫

当社では自社で仕入をし、100%社内で加工を実施しています。自社で行うことで衛生面、鮮度、加工品質を徹底管理し、お客様に安全で安心できる食材をご提供しております。

築地から20分、その日のうちに加工。鮮度そのまま、翌朝お届け 

築地から20分で到着した魚を、翌朝にはお届けしています

築地市場から車で約20分という立地を生かし、鮮度の高い水産物を仕入れております。その日に仕入れた魚などを午前中のうちに三枚おろし、骨抜き・切身などの加工をして、翌日の朝には冷凍車で学校に納品しております。
大量のご注文がございますが社内での加工から配送までの体制が整っていますので、安全性が高い鮮魚優先でのご提供を実現しております。

納入先の設備に合わせて、保冷温度を変えています

お客様がお持ちの保冷設備は、それぞれ保冷温度が異なります。新鮮な魚は、保存する温度が急に変わると身がパサついたり、調理する過程で身くずれしやすくなるなど、美味しさに影響を与えます。

丸清永井水産では、運搬用の保冷車や4段階に温度を変えた室内冷蔵庫により、それぞれ素材や納入先に合わせた保冷温度を設定し、調理の直前まで美味しさが保たれるように、最新の注意を払っております。

食の安全性は、徹底した衛生管理と鮮度から

徹底した衛生管理は食の安全の為に

環境衛生管理証書・調理師免許証魚を加工している工場では、徹底した水洗と滅菌作業を行っています。雑菌が繁殖する元となる異物や、付着しやすい作業台などは、残さない・見逃さない・手を抜かないをモットーに徹底的に清掃しています。

作業台だけでなく、刃物や魚そのものを、作業工程においても水で洗浄するなど対策しています。私どもの作業工程を見学していただければ、「魚の加工には、これほど大量の水を使うのか」と驚かれることと思いますが、衛生対策の大切な一環なのです。

また朝の市場から調達したら迅速に内臓やエラの除去を行うなどして、刺身素材としても遜色ないものに仕上がるよう、私たちは食の安全に取り組んでおります。

衛生管理のために、気を抜かないためにも

「美味しさは、安全から」丸清永井の基本理念です。

工場・設備の紹介

冷蔵施設 複数の冷蔵施設を活用して、用途や素材に合わせた温度で美味しさを保存しています

学校や施設に応じて保冷温度を変えて保存し、8台の冷凍車を駆使して、遅れることなく素材をお届けします。調理にかける時間をきちんと確保して、児童に美味しい食事を届けてもらいたい──丸清永井水産の願いです。

食べる人に合わせて個別に対応します

築地市場から仕入れた魚を、100%自社で一貫して加工しています。学校ごと(または年齢ごと)のメニューに合わせて、切り身の大きさや骨取りの有無といった個別加工にも対応しており、我が社がもっとも得意とする「食べる人の成長に合わせた加工」を実現しています。
私たちは、1つの施設に納める加工品についても、ニーズにあわせて下記の用な加工を行っております。栄養士の方々とご相談のうえ、責任を持って新鮮さと美味しさ、そして高い加工技術をご提供します。

このほかにも各種ご要望について、私たちの熟練した職人達が対応させていただきます。「食材の美味しさや栄養を損ねることなく、調理にかかる手間を減らしたい」「年齢に応じた加工について、提案して欲しい」などのお問い合わせを、お待ちしております。